私は3才の娘がいます。2007年6月24日


2007年の3月3日に熱がでてその日は丁度従姉妹とお雛様のお祝いをする予定だったので座薬をいれたのですが、次の日右手の人差し指と左足の甲が腫れ上がり、普段あまり気にしない主人も「これはただの風邪じゃない」と言うので日曜でしたが、かかりつけの病院に連れて行きました。
担当医師は不在でしたが見ていただいた先生から川崎病の疑いがあるので明日必ずくるように言われました
次の日やはり川崎病と診断され即入院…
主人に連絡するとびっくりでどういう病気か聞くのですがわたしもただ同様してうまく説明できませんでした
同じ会社の人の息子さんがやはり川崎病でそちらからある程度の説明は聞いたみたいです
主人は長距離トラックのドライバーですが一人娘というのもあって入院中はずっと地場の仕事をしてくれていました
幸い冠動脈の拡張もなく15日程度で退院できました
今は4月と6月に検査に行きましたが異常はなく次は9月にいく予定になっています
その時に異常がなければ半年後になります
本当に今は元気で川崎病になったなんて信じられないのですがこの先5年間は病院との付き合いが続きます
私の場合回りに結構同じ病気の子を持つ人が居たので偏見をもつ人はいませんでした
でも中には間違った知識を持っているひとがいます
そんな人達には一日も早くこの病気の事を理解して頂きたいと願っています