とてもショックで悲しくて、いてもたってもいられませんでした。2007年6月22日


2007年5月のおわりに、9ヵ月の娘が川崎病と診断されました

2007年6月21日、友人の子供が川崎病と診断されました

友人は病院で、私の子供が川崎病という事を話したところ、 身近に川崎病の子供がいるなら、川崎病の可能性が高いと、まだ症状が少ないうちに言われたそうです
伝染しない病気と、友人に伝えると、潜伏期間も不明で、伝染しない根拠がないから と、言われたみたいです

あんな辛い入院生活、こんなに小さな体で40度超える熱が何日も続き、こんなに小さな体に、針を何回刺したか。どうしてこの子が。何が原因?私が代わりになればいいと、何度思ったか
そんな病気をうつしてしまったかと思うと、とてもショックで悲しくて、いてもたってもいられませんでした
娘が入院していた病院の医師に再度確認し、親の会の浅井様にも相談しました
伝染しない事ははっきり分かっていると、お二人からのお返事は同じでした
安心したと同時に、病院によって、川崎病への知識が同じではない事が分かり、少しでも早く原因解明を願う限りです