4歳11ヶ月の女の子です。 2007年6月17日


5月8日夕方から首が痛いと言われ体が熱い事に気ずき熱を測ると38.5℃ありました。9日に開業医に行き抗生剤と解熱剤で様子を診る事になりましたが、首の痛みと熱の上昇で10日に総合病院の休日外来へ行き別の抗生剤と解熱剤をいただき帰宅しました。その日の夜から熱が40℃を超え座薬を3回使用し、11日に再度病院へ行き5項目の症状が出ていた為、川崎病と診断即入院となりました。当日からグロブリンとフロベン顆粒の治療が始まりましたがフロベンは飲みたがらず飲み始めたのは13日からでした。その後、グロブリン治療3クールでも血液と膵臓の状態が改善されず、14日夕方から次の段階でミラクリッド治療が始まりました。しかしそれでも改善されず、昨日16日夕方よりグロブリン4クール・ミラクリッド・ヘパリンでの治療が始まりました。妻が看護に付いておりますが日に日に状態が改善されない我が子目の前にして、涙が止まりません。私もこれから病院へ向かいます。どなたかアドバイスをいだだけないものかと思いメールをさせていただきました。とてつもない不安でいっぱいです。