2才と1才、年子2人の母親です


2才と1才、年子2人の母親です

下の子が生まれて以来、女の子は丈夫だから育児が楽よーといろんな人にいわれ、ついついお兄ちゃんの面倒を優先してきた私。
バチがあたったんでしょうかねー、下の子生後10ヶ月で初の発熱。
どうせ風邪でしょーと、その日も病院の待ち時間を、彼女をおんぶして冷たい風の中、お兄ちゃんの公園遊びにつきあわせていました。
リンパ線のはれを指摘されましたがまさか川崎病だなんて・・・
赤ちゃんの病気百科で症状を確認してもなお、私は自分の子が川崎病だなんて信じられない気持ちでした発熱3日目のお昼にミルクを吐いてしまったところで初めて、私は「これはもう間違いなく川崎病だ。すぐに入院させないとこの子は大変なことになる」
と気づいたのです。

幸い、心配だった後遺症も今のところはないみたいです。現在は半年に1回のエコー検査に通っています。
もし入院しなかったら、相変わらず私はこの子ばっかりしかりつけたり、お兄ちゃんばっかり抱っこしてあげたりし続けたかもしれません。お兄ちゃんもこの子も、同じようにちっちゃくって尊い存在なのだと、今回の入院を通じて思いました。