ガンマグロブリンが効かず ステロイドまで使いましたが元気に退院出来ました。2007年5月14日


私は 一歳三か月になる男の子のママです。 2月末に 私の息子が 川崎病に 罹りました。幸いにも かかりつけの小児科の先生が 川崎病研究会のかたで すぐに 川崎病の疑いがあると 診断し 第五病日から グロブリン投与が始まりました。 川崎病の 知識も 全く無い状態だったので ただただ 落ち込み 不安との 戦いでした。グロブリン投与が終わり 血液検査とエコーで 経過を見ていく段階になり 少し安心しました。
しかし 投与終了三日後に 発熱し 血液検査をしてみると CRPがあがっており 川崎病再燃と診断され 直ちに 再治療が必要になり 法人の大きい病院に移りました。
そして グロブリン投与がまた始まりました。しかし CRPは 下がらず グロブリン投与から ステロイドを使った パルス療法に切替える事になりました。この時は わらにもすがる思いで 先生に託しました。
今は ステロイドを じょじょに やめていけるように 血液検査とエコーで 様子をみています。
まだ 退院は 先になりそうですが 心臓に 瘤ができてませんようにただただ 祈って 過ごしております。(3月15日親の声)

息子は 3月末に 退院し 今では やんちゃに 家中走り回っています。 ほんとに 嬉しく思っています。
パルス療法まで いった息子は 結果 瘤も出来ず 血管の拡張も 無いという とても 幸せな結果で 退院することが出来ました。 主治医の話しによると 患者は だいたい 心臓に後遺症が残る確率が高いと 言われ ほんとにびっくりし そして 安堵でいっぱいになりました。
これから 定期検診に通い ただただ 再燃しないように 血管拡張しないように 願う毎日です。
わざわざ ご丁寧にありがとうございました。

 ※手違いで、前半の文章が親の声に載せられませんでした。元気に退院したとの後半のメールを頂きましたので併せて紹介しました。(管理人)