2歳9ヶ月の男の子のママです。2007年5月2日


先日、子供が高熱を出し、食べる事も出来ず、水分も取れなくなってしまいました。熱が出てすぐに病院には1度連れて行ったのですが、インフルエンザではないとの事で発熱後すぐでは検査が出来ないとの事で次の日の朝まで様子を見ることになりました。しかし、インフルエンザの検査は陰性。熱も下がらず、相変わらずの脱水状態。腹痛が激しかったらしくのた打ち回るほどお腹が痛がり、熱も40度前後、今思えばこの頃から片方の目が充血していました。少し鼻水が出て、首の後ろをボリボリかいていました。息子が「お腹が痛いよー」と言っているのに先生は「鼻かぜでしょう」と診断。腹痛の薬ももらえず帰されました。ちょっと不審に思い翌日違う病院に行くといつも口の悪い先生が、いつもと違う口調で全身を見て、あらゆるウイルスの検査をしてくれました。子供はのどの奥を触られるは、浣腸はされるはで号泣していました。結局それらの検査は陰性。しかし、おかしいとの事で大きい病院を紹介されました。そのときに「川崎病ではないか」といわれ正直「えっつ?何その病気?」と思いましたが、「すぐに行ってください。たぶんそのまま入院です。」といわれびっくりしました。病気について調べるまも無
ュ入院。入院中は夫婦交互で泊り込み、私は妊娠中でつわりがひどくとてもつらかったのですが、息子が元気になることを願い何とか乗り切ることが出来ました。早い対応で12日間で無理やりですが退院することが出来ました。当分通院生活です。びっくりしたのは、子供によっては何回もかかる子がいるという事。息子の担当医の先生で同じ子で5回かかった子がいると聞きました。親としては原因の分からない病気にかかること自体気が気じゃないのに、この先の合併症や、後遺症。又、川崎病にかかるんじゃないかとゆう不安は、何ともいえない気持ちです。今は運動も制限されているため家でDVDばかり見ています。早く元気に走り回る姿を見たいです。