4歳6ヶ月で娘が川崎病になりました。2007年4月25日


’07.3.26登園準備で起こそうしたら、少しぽかぁ〜と体が熱く、検温すると37.5℃
耳の下が少し痛いとの訴えあり。1時間ほどで38度台に。
風邪かおたふくかな?(予防接種済でした)かなとかかりつけ医に診察。
元気もあったため帰宅したが、午後熱が上昇、しんどく布団から出なくなったため、解熱剤えお服用。
一向に下がる様子もなく、夕刻再度受診し、インフルエンザ、アデノウェイルス等検査したが、全て陰性。
医師より、午前処方の風邪薬とj抗生剤で経過観察、熱が下がらないようなら翌日来院と指示をうけました。
翌朝36.9度まで下がり、食欲も戻ったが、念の為園をお休みすると、昼近くから熱が38度台に上昇。
体全身を痛がり、横になる事も抱っこももたれ掛かれず、泣いて痛がりました。
唇は真っ赤で、手足が赤く腫れ、蕁麻疹のような湿疹が掌に出始めたため、同病院にて再度受診。
抱っこをしようと手を体や頭に触れたり、車のわずかな振動でも身体に痛みが走るようで、泣き喚きっぱなしでした。
我が子に何もしてあげられず、痛い様子を見守るか摩ってやるしか出来ないのは、辛いですね。

診察室入るとすぐに医師から川崎病だと思うからと告げられ、血液検査して、大学病院へ紹介されました。
唇は真っ赤・苺舌、眼に充血、赤斑もあり、首リンパに少し腫れあり、手足の腫れ・むくみあり、熱あり、で外見の
症状は川崎病と判定する全てに該当。しかし、血液検査の該当項目が全てみたされておらず、(炎症反応は18.0)
川崎病疑いと判断され入院一日目は24時間点滴と4時間おきに抗生剤投与。
その後不全型川崎病と判断されアスピリン服用が始まりました。
抗生剤が発泡性があるため、寝ている間の投与でも血管が痛いようで、痛い、痛いと泣いて起きては、腕を
押さえ、身をよじっていました。
エコ-検査でも問題なく、経過次第で、グロブリン投与をするかしないかの判断との事でしたが、一気に炎症反応が
半分まで下がり、熱も下がり、体の痛みの訴えもなくなりました。日に日に炎症反応もさがっていき、結局グロブリン
投与は無く、アスピリンと点滴+抗生剤のみで9日間で退院する事ができました。
我が子の症例は、発熱2日目での発症で双方の医師に驚かれました。かかりつけ医の迅速判断で早く入院処置で
来た事が数値降下の早さにも繋がって、感謝しています。

退院翌日に、水疱瘡を発症し、保育園にやっと行ける様になった所、また、高熱を出し、現在高熱続きで4日経過します。
最高39.8、解熱剤服用してアスピリンを飲むと37度台まで落ちるが、夕方には38.5度以上に上昇し、39度超。
今朝も39.4度、解熱剤を服用しても38.7度。2箇所に診察に行きましたが、夏風邪と判断。
川崎病にかかってから、サイトや本で病名を知り、合併症等の怖さを知り、再発の不安を抱いています。
何もなく済めばいいのですが・・・子供の体力が持つのか心配です。
発病後、こんな症状の方みえますか?
また、保険とか皆さんはどうされていますか?
医療保険に入れるか、保険会社に聞いてみた所、現在は加入できないと言われました。

娘はアスピリンは今も飲み続け、定期検査に通っています。今後も長い治療になりますよね?
乳児医療保険があるからと、有効が切れてから加入しようと思っていた事に後悔しています。