今日娘が「川崎病」と診断され入院しました。2007年4月14日


1歳3ヶ月の娘を持つ父親です。今日娘が「川崎病」と診断され入院しました。
最初「川崎病」と先生に言われた際、何の病気かも検討がつかず、説明を聞いても今まで
聞いたこともなく、ただただ不安でした。しかし、先生から関連書籍を手渡され読んでみると、
まさかの重病であるということがわかりました。
今日から娘は、病室で妻と過ごしています。

もともとは、先週金曜の夜に急に体調がおかしくなり、翌朝の土曜日にすぐに病院で診察を
受けました。そのときは風邪と診断され、通常の薬を処方してもらいましたが、2日経っても
40度の熱が一向に下がらず、月曜日の朝に再度病院へ行きました。
そこでも風邪と診断され座薬をもらって帰りましたが、座薬もまったく効果がなく水曜日に病院へ
行きました。インフルエンザのテストをしてもらったら結果は陽性。発生から48時間以上経っているので
タミフルの効果も希望が持てず、しかし高熱が続く娘の悲惨な状態を考えるとやはり処方してもらった
ほうが得策と考え服用させました。
そして今日 4月14日、40度の熱が6日続いていたのがやっと39度に下がり、今まで処方してもらった
薬がなくなったので病院へ行きました。妻とはこれでやっと回復方向に向かってくれるかも・・・と笑顔が
垣間見れるようになった娘を見ながら話していましたが、いきなり「川崎病」と言われ愕然。
ホッとしたところに重い言葉がのしかかり、メンタル的にも非常に苦しくなり妻は泣き出す始末です。

これからがすべてのスタートになりますが、まだ幼い娘の人生を何とか守ってあげたい一心です。
このようなコミュニティーがあると知って非常に心強く思います。
まずはメンタル面での安定を家庭に徹底し、この正体不明な「川崎病」と向き合っていければと
思っています。