〔838〕の方へ。2006年11月29日


私の息子(4歳)は今年の8月に川崎病になりました。入院は20日間でした。
重症と言われ、グロブリンの2回投与では効果が出ず、ステロイドのパルス療法をし
ました。
先生がとても親身になってくれていたので私も心配に思う事を何度も質問をしました
し、
グロブリンやパルス療法の治療前には必ず両親が揃った上で説明資料(治療の仕方・
副作用など)
を渡された上での説明をしていただきました。
その後、ステロイドを投与したとたんに熱も下がりCRPも正常になりました。
パルス療法の後は、お粉のステロイドとアスピリンのお薬を1ヶ月近く飲みました。
とても苦くて量が多いので子供にはとても大変だったと思います。
味の濃いヨーグルトでなるべく一口で飲めるようにしていました。
パルス療法後は次々と川崎病の症状が治り、投与後1週間後には退院しました。
幸い拡張も後遺症も残らずに済みました。
心配だった副作用は、お薬を飲んでいる期間とにかく食欲が凄くて常に食べていたく
らいです。
太りやすくなるのでムーンフェースになりやすいと先生に言われたのを覚えていま
す。
後々の副作用は心配ではありますが、今が元気であることに感謝しています。
838の方も今とても心配の事と思います。
気になる事や心配な事があれば、担当医の先生や看護婦さんに相談するのが
一番かと思います。
心配で心配で夜も寝れない日があるかもしれませんが、絶対に治る病気と信じて
頑張って下さい。一日でも早く治れば良いですね。