孫・・・4歳4ヶ月の男児、11月10日川崎病と診断されて。2006年11月13日


病名を聞かされてもはじめは病気の内容がピンときませんでした。
しばらく振りに会いに行きました孫が目の充血と8、3度の熱で、
開業医へ、そこで川崎病かもしれないと、大学病院へ紹介されその場で入院。6個のうち4個の症状が一度に出るのもめづらしいが・・・
川崎病と診断。
 11日・・アスピリン投与・検査・免疫グロブリン投与も視野にといわれる。
 12日・・冠動脈瘤の発生予防が出来る、形成頻度を大幅に減らすことが出来るとの事、完全看護で親が付き添えない不安もありましたが急いだほうが良いとの事で決断、グロブリン治療を始めました。

 数ヶ月ぶりに会いに行った孫の状態と娘夫婦の心配を後に一旦帰省し、ホームページを検索して親の会を見つけました。
皆様の体験上、これから考えられることと、この選択のほかにてだてが有ったのか教えてください。宜しくお願いします。・・・・せんより