1年半振りにお便りします。


1年半振りにお便りします。
実は、1年半前に長女(当時2歳)が川崎病に罹りました。当時は初めての事でもあり、心配で仕方ありませんでした。3週間の入院には妻が付きっきりの為、慣れない炊事・洗濯・長男(当時5歳)の世話を、岳父や母のヘルプも受けながら何とかやってきました。
退院後は、長男よりも元気に走り回る娘の姿を見て安心し、炊事・洗濯の練習をする事も忘れていました。
さて、楽しいゴールデンウィークも終盤に差し掛かった5月6日(土)の朝、娘があどけない顔で『ここが痛い!』と首筋を擦っていました。
『あーちゃん、首が痛いの?』と妻が尋ねると、こくりと頷き、左耳の下を指差します。
夫婦して考えた事は同じでした。
『お多福風邪だといいが、多分 川崎病かな?』
結局、5/6(土)は小児科に行きましたが、川崎病と断定できず様子を見ることになり、休み開けの5/8(月)に再び小児科に行きましたが症状がはっきり出ません。そして翌5/9(火)に総合病院へ検査入院となりました。
今回は症状が一挙には出ず、川崎病と診断が出たのは5/11(木)でした。
2回目だったので、精神的には楽でしたが、今回は退院まで4週間かかりました。
再発率はとても低いとの話がありましたが、今回久しぶりにこのホームページを見て、長女のように再発する子供が意外といることが判りました。
どなたかの話で、再発された子供さんがアレルギー体質であるとの事でしたが、長女もアレルギーを持っています。
加えて、大変な偏食家で、野菜を余り食べない為、食事時間は妻が手を変え品を変え、少しでも野菜を取るように工夫してますが、余り効果がありません。