757さんへ。慢性腎炎 我家も心配しています。2006年7月2日


我家は、昨年2005年5月17日に生後4ケ月で発症し
CRPがなかなか下がらず、こちらへもお世話になりました。

親の声 過去ログで(Noは憶えていません。すいません。)
沖縄の方からの川崎病にかかった子は無症候性血尿が
多いとの掲載を見ていまして、昨年秋頃からオムツの様子
を気にしていました。

年が明けて、妻が高血圧(180−130という
数字)で検査、結果IgA腎症の疑いです。

昨年の今頃は、川崎病をネット検索しまくっていたのですが、
今年は腎炎で検索しまくっています。

その中でいくつかわかったようなことは
@どうも川崎病もIgA腎もアレルギー反応(自己免疫疾患)
でありそう。どちらも原因は不明。
A川崎病もIgA腎症も病気そのものが遺伝するのではなく
体質が遺伝するため、かかりやすさが引き継がれるらしい。
B特にIgA腎症の場合、IgAの糖鎖不全が解読されつつ
あり、風邪等を引いた際に、糖鎖不全のIgAを遺伝的に
持っていることが腎臓に影響を及ぼすらしい。

我家は、今のところ再発もなく血尿もないのですが、
6月の頭に小4の姉が溶連菌にかかり、ドキドキものの
毎日です。(姉は、早朝尿では蛋白−、血尿ーですが
随時尿で3回血尿が+となり、やはり腎臓が悪いのでは
と思ってしまいます。)

取りとめも無いことは書いてすいませんでしたが、
川崎病の治療(薬)そのものが、腎炎の原因ではなく
もともと腎炎にかかりやすい体質と川崎病にかかりやすい
体質が似ているのではないでしょうか。