747の方へ 2006年6月19日


 「左軸偏位」と言われ、ご心配のご様子です。
私も、川崎病の後遺症の子をもつ親で、専門家ではありませんので、少し調べた上で
書かせていただいています。
 心室が収縮したときに起こる電流の流れの方向を「電気軸」といい、健康成人で
は、電気の流れる方向は、通常右肩から左足の方向だそうです。それは左心室の方が
右心室より筋肉が厚く、起電力が大きいためといわれています。「左軸偏位」とはこ
の軸が正常範囲よりも左方向に傾いている事を言います。
 高血圧や弁膜症などで左心室が肥大している場合や、左心室に刺激を伝達する、刺
激伝導系に異常がある場合などに見られるそうです。
病院の心電図で検査した場合、機械が、ある基準で電気軸(右軸偏位、左軸偏位)を
読み出しており、そのため正常の健康な子供さんでも、左軸偏位はその程度差にもよ
るようですが、1000人に1人〜数人見られることもあるようです。また太っていた
り、逆に痩せていたりすると、左軸偏位をきたす事もあるようです。
 子供の場合、先天性心疾患(心臓の構築異常、染色体異常、心筋の病気、WPW症
候群など)、後天性心疾患(川崎病後遺症を含む)などで見られるようです。
 ただ、心エコー検査では異常がみられなかったとのことでしたので、さほど心配な
さる必要は無いのではないでしょうか。主治医の先生はどのように説明なされました
か?左軸偏位の程度にもよると思いますが、もし主治医の先生が小児心臓のご専門で
なければ、一度、主治医にお願いして、専門医の診察を依頼してみてはいかがでしょ
う。
 取り越し苦労で、心配ない結果である事をお祈りします。お大事に。