兄弟同時に発熱し、次男は川崎病と診断されました。2006年6月6日


兄弟2人同時に発熱し、数日後3歳の次男は川崎病と診断され入院しました。5歳の長男も7日間40度の熱が下がらずに後から入院してきました。長男はメロペンという抗生剤の点滴で入院2日後にやっと熱が下がりました。次男が川崎病と診断されていたので注意して長男の様子をみていましたが、首の辺りを押さえると痛いと言うだけで他に症状はなく、色んな検査もしていただいたのですが、結局何の熱かわからずに退院となりました。次男の今後はもちろん心配なのですが、長男の熱が何だったのか、川崎病とは関係ないのか心配です。