現在8歳(6月で9歳)の娘の父親です。


旅行先のモルジブで川崎病を発症しました。

娘が5歳10ヶ月の時に行ったモルジブで突然高熱を出して現地で医者に診てもらいましたが、特に心配しなくても良いとの診断でしたがやはり不安になり旅行を中断して日本に帰国することにしました。途中で寄ったシンガポール空港でも診てもらいましたが少し風邪をこじらせたのではないかとのこと、成田での検閲所で診てもらったときも麻疹かも知れない(ちょうど幼稚園ではやっていたので)との診断で当日が祝日(4月29日)だったので次の日にかかりつけの小児科医に診てもらいどうやら「川崎病」(このときまで川崎病は公害病かと思っていました)と診断されそのまま総合病院に転送されて約3週間の入院です。 ゴールディンウィークはどたばたでした。
治療は、皆さんがかかれているとおりの点滴治療でした。

幸いなことに後遺症は残らなかったですが、しばらくは娘が走ったりするとどうしても心臓のことが心配になったり、発熱すると「川崎病」の再発かと心配してしまいました。娘ももうすぐ9歳になります。娘が「川崎病」にかかった後に周囲でも以外に「川崎病」にかかった子がいることに驚かされています。