家の息子は、4ヶ月のときに川崎病にかかりました。


家の息子は、4ヶ月のときに川崎病にかかりました。
一人息子の、初めての病気でした。
正月に、私の実家へ遊びに行き、帰ってきてから、様子が変。ただ、疲れたのかなって思っていたのですが・・・・(日曜日)
翌日も、いつもよりは元気がないものの、あまり変わりがないので様子をみていました。
が、夕方、どうしても「変」、そう思って、近くの総合病院へ。
熱は37度ちょっとでした。
先生は、「何しに来たんだ!こんなのは、病気じゃない」とおっしゃっていました。
このとき、お腹にぽつんと湿疹が。何も言えずに、帰ってきたのですが、その日のうちに体中にみたことのない湿疹が出たんです。(月曜日)
翌日、隣町の総合病院へ。おしっこの検査に、血液検査。「明日も必ず来て下さい」と言われ、薬をもらって帰宅。熱も上がり始め、吐いたりもしました。(火曜日)
朝1番で病院へ。再度、採血、検尿。
このとき、目は真っ赤、唇は口紅を塗ったように真っ赤でした。先生は「お母さん、川崎病です、このまま入院してください」と。持続点滴を指して、ずっと点滴をしてる息子を見るのが本当に辛かったです。(水曜日)
ガンマーグロブリンの投与が始まりました。(木曜日)

幸い後遺症もなく、15日で退院しました。

それから1年後、サイトメガロウイルス感染症で1週間、入院しました。
私は、これも何か関係があるのでは・・・と思っています。

その息子も、今年で3歳になります。
毎日元気に走り回っています。

親の第六感は、あたるのだと思っています。
どなたかの声にもありましたが、幼稚園の先生・学校の先生に、もっとしっかりとした
知識を持ってもらいたいものです。
小学校へ行ったら、川崎病にかかったというだけで、要注意人物の仲間入りという話も
聞きます。
1日も早く、川崎病の原因がわかることを祈っています。

井波町、Nより