679さんへ2006年2月2日


679さんへ
私の息子も、一昨年の夏休みのはじめに小学校2年生で川崎病になりました。
40度を越える熱が続き、始めは扁桃炎だろうと言うことで
抗生剤などをもらっていましたが、熱がでてから5日目に頸部の腫れがでて、
総合病院に紹介されました。そこでも、膿んでいるのかもということで
同じ薬をもらい1回帰されましたが、翌日症状が変わらない為入院しました。
入院しているうちに、徐々に目が赤くなり、9日目に発疹がでて、
川崎病かもということで、血液検査をし、川崎病と認定され、γグロブリンの投与と
なりました。熱が下がり、だんだん良くなってきたかなぁと思っていたら、
全身に発疹が出ました、りんご病です。グロブリンを投与する前から
りんご病にかかっていたようです。37度台の微熱がずっと続き、
血液の炎症の値も0にはなりませんでしたが、
元気にはなっていたので3週間で退院しました。が、その後何回か通院し
炎症の値が0になったところで、体育の授業などの許可ももらえました。
幸いにして冠動脈のほうは全然問題なかったので、
1・3・6か月定期検診・その後は1年毎の定期検診でOKなようです。
2年生12月のマラソン大会では1年生の時よりも順位を上げ、大変感動いたしました。

今、3年生ですがサッカークラブに入って元気に走り回っています。
まだこの先大人になってから何か影響があるかなど心配ではありますが、
前向きにと思っています。
参考になれば幸いです。
息子さんが早く元気になられることを、祈っています。。。