4歳の娘が川崎病の再発2006年2月2日


4歳の娘がおります。生後4ヶ月の時に川崎病と診断され、即入院。グロブリン投与

約20日間入院しました。
幸い、後遺症も残らず元気に幼稚園に通っていました。
昨年12月はずっと鼻水が止まらず、中旬のある日の夜中ぐずって起き『耳が痛い』
と耳の
後ろをしきりに掻くようなしぐさをしました。でも、次の日はケロッとしていたので
病院にも連れて行きませんでした。
暮れも押し迫った頃『なんか白目が充血しているように見えるな』と感じてはいまし
たが
熱も無く元気に遊んでいたのでそんなに気にもしていませんでした。
年が明け4日〜5日主人の休みが取れたので家族で旅行に出掛けた
のですが、夕方〜夜になるとみるみる目が充血していき、この頃から
唇がやたら赤くなってきました。でも熱は無く、旅行先という事もあってかはしゃい

いました。
いくら元気でも…おかしい。と思い、旅行から帰って掛かりつけの小児科
に連れていきました。家を出る時に無かった熱・発疹が病院に着いた時
には出ていました。
『溶連菌感染症かもしれないから検査しておきましょう』と検査しましたが
陰性。先生からは川崎病再発も考えられると言われました。
熱も1回目の時とは違い、37度後半から38度台だったので熱が引いている
時は起きて遊んだりしていました。
『まさか川崎病の再発じゃないよね』でも溶連菌を疑って出された抗生物質
の薬は効かず、娘の見た目は白目充血・唇が赤い・苺舌・不定形な
発疹・熱と川崎病の条件はほぼ揃っている。
こんな時ににかぎって連休に入るし…。朝方、血痰が混じったような嘔吐
をしたので急患センターに連れて行くと血液の炎症反応も14を超えて
いたので『川崎病再発でしょう』と先生から言われました。
乳児の時に入院した病院に即入院となりました。
1回目同様グロブリンとバイアスピリン治療をし、2日後には熱も引きました。
その後2週間入院し今回も後遺症は残らずに済みました。退院をして現在
もバイアスピリンを1日1回飲んでいます。
先生からは1ヶ月くらいは幼稚園や人込みは行かないほうが良いといわれ
現在も休んでいます。発症して1ヶ月すぎましたが、白目の充血はまだ
少し残っており、唇はがさがさ、手の指や足の指の皮はまだ剥けている
状態です。
再発も数%ですが、再々発も0%じゃないです。と言われ今後も川崎病
の事を頭において生活していかないといけないんだなと思っています。
色々川崎病の本を読んだり、セミナーにお話を聴きに行ったりしましたが
まだまだ不明な所が多い病気なので親としても不安です。