2才の娘が「川崎病」と診断されました2006年1月16日


2005・12・25 2才の娘が「川崎病」と診断されました。
2005・12・21から高熱、自宅近く小児科では「風邪」と診断され・・しかし、なかなか熱が下がらず・・12・24朝、再度病院へ。この時でも「川崎病」の症状が全て出ていなかった為、風邪薬をもらい帰りました。(唇は赤かった)
しかし・・・夜になり、手足に腫れと湿疹があるので、救急で大きい病院へ行きました。

先生は「川崎病かもしれないが、症状がそろっていない。疑いはあるが・・・」と。
娘は・唇が赤い(血が出てました)・高熱・手足の腫れ、湿疹の症状でした。
血液検査も物凄い異常が無かったのです。
レントゲンの異常なし・・・。
その晩は自宅に帰り、翌日おしっこを持って再検査となりました。
翌日(2005・12・25)おしっこにも異常なし・・・。
「川崎病???」という状態で、高熱が続き、体力が消耗しているので、点滴をしてとりあえず帰るという事になりました。
病院で半日かけて点滴。終了の頃、先生が来て「マイコプラズマかもしれないので、薬を処方します。それで自宅で様子を看て下さい。」と言われました。
そこで私は「先生、高熱の対処はどうしたら良いですか?座薬をずっと使用しているので・・・」と質問。
先生「部屋を暑くしない、薄着、座薬はもう使用しない方が良いですね。」と言いながら、再度、娘を診ました。
「あっ!ちょっと症状が酷くなってきたな。症状が全て出ていないけど、体の中では川崎の症状が出てきているかもしれない。川崎病として治療しましょう。」と・・。
「川崎病」と診断されて入院となりました。
で・・・その日の夕方(2005・12・25)からガンマグロブリンを大量投与。翌日(12・26)昼過ぎまで投与。(約一日)
熱もどんどん下がりました。ただ、口の中が酷くで食事が出来ない状態が3日くらいありました。
しかし・・ガンマグロブリン投与を終了し、他の検査も症状が良いので、2005・12・30〜2006・1・3まで仮外泊の許可が出ました。
(自宅で年越しが出来ましたっ!!)
2006・1・4 超音波検査、血液検査で異常なし。
2006・1・5 退院!
現在は一日一回・アスピリンを服用。2006・2月位まで服用らしいです。
(アイスに混ぜて服用してます)
2006・1・10 問診しましたが大丈夫でした。
今度は2006・1・31 超音波検査です。
娘は「川崎病」の症状が全て出なかった為にナカナカ診断が出ませんでしたが、その分、軽く済んだようです。
これから先・・娘を見守っていきたいと思います。
元気に過ごしていって欲しいです。