私の長男も7ヶ月の時に川崎病と診断されました2006年1月9日


私の長男も7ヶ月の時に川崎病と診断されました。
そのころまだ引越しをしたところでインターネットもつないで
いませんでしたので、このようなホームページがあることは先生から
教えていただき、知っていましたが読むまもなく過ごし、やっとインターネットをつなぎましたので、
早速「親の声」を読ませて頂き、もっと早く読ませていただいておけばよかったと、
思い、このメールを書かせていただいております。
長男は後遺症もなく、すくすく育ち、やっと1歳の誕生日を迎えることができました。

今日川崎病と診断されて以来はじめて、夕方から高熱をだし、休日ということもあり、病院は明日の朝受診しようと
思っておりますが、川崎病のあの時の子供の苦しんでいる姿が思い浮かび、とてもじっとしていられない
状態でいまこうしてメールさせていただいております。
川崎病の治療を受けましたので、予防接種ができず、いろいろな病気にかかりやすいのでは、と心配しながら
過ごしていましたので、すこしでも体調が悪そう、熱がでた、となると、いろんな病気のことを考えてしまい、
心配で心配で。
再発だったらどうしよう、、、とまで、考えてしまいます。。。
親はなにも出来ないですよね。。。。
今日はだんな様は夜勤なので、一人で不安ですが、がんばって看病します。