生後2ヶ月の次女が2005年10月26日


生後2ヶ月の次女が、10月19日の夜中から熱が出て、病院に行った所、「まだ小さい赤ちゃんの熱は何か原因があると思われるため、入院して下さい。大学病院を紹介します」と言われ入院になりました。熱は38〜40度もあり、いろいろな検査をして、2日前に川崎病の疑いがあると言われました。今朝、医師から「川崎病に間違いないでしょう。ガンマブログリンの投与を始めますと言われました。まだ、生後2ヶ月という小ささは、ごくまれだと言われて、とても不安で心配です。辛そうに泣く次女の顔を見ていると、張ってくるおっぱいも飲ますことも出来ず、涙が止まりません。でも、4歳の長女がいるので、泣き顔を見せることが出来ないので、辛くてたまりません。面会時間ぎりぎりまでいたいけど、長女がいるから そうも出来ない。。。。本当に辛いです。後遺症もなく治ればいいと思うけど、気持ちが落ち着かなくて。このホームページは心強いです。また、相談させて頂きたいと思います。