583の方へ2005年7月20日


 583の方へ。息子さんばかりでなく、お孫さんも川崎病に罹られ、とてもお
辛いことと思います。

うちは娘が発病した後、5年後に息子も川崎病と診断されました。そのときの
ショックは、大変なものでした。

なぜうちばかりと言う気持ちが強く、パニック状態でした。後遺症が残った事も
ショックでした。

原因が解らないだけに、その当時は、姉弟で罹ったことを、周りの人に知られた
くないと思ったものです。

あれから、15年近くたちます。今も、検査や薬を欠かせない2人ですが、元気に
暮らしています。

583番の方も、今はとてもお辛いでしょうが、息子さんご夫婦の力になってあげ
てください。

後遺症無く、早く退院できる事を祈っております。