1歳5ヶ月になる息子が 2005年2月27日


1歳5ヶ月になる息子が『川崎病』との診断を受け緊急入院する事になりました。先
週頃から高い熱が出たり収まったりでかかり付けの小児科にて初診での診察では『イ
ンフルエンザ』との事でお薬を戴き様子を見ていたのですが週半ば頃から目の充血、
唇の腫れ、高い熱などの異常が見られはじめたので夜間ではありましたが救急機関に
て再検査を受けました。息子の容態も以前と違い高い熱の為か呼吸も苦しそうで、
「う〜う〜」と声を出し、意識も朦朧としている様でぐったりして目も赤く充血し唇
も腫れ上がってきたことなど再度その事を先生に告げると「どうやらインフルエンザ
ではないね」とのことでした、その時に採血をして血液検査をしたら異常が見られた
ので先生からこの症状から言うと『川崎病に当てはまるね』と言われました。もちろ
ん川崎病に当てはまる6つの症状の説明もあり、その時は『川崎病?』とにかく聞き
覚えが無い病名で動揺してしまいました。すぐに先生が最寄の病院の紹介状を書いて
くれたので、そのまま指定された病院へ向かいました。病院へ到着した時には連絡が
入っていた様で直ぐに検査をして頂きました。あらたに先生から『川崎病の疑いが非
常に高いので直ぐに入院して頂きます』との事を告げられ、再度血液検査を受け病室
へ案内されました。まずは熱を下げなければならないという事で点滴を受ける事にな
りました。その間に『川崎病』についての事、後遺症についての事、入院期間などの
説明を受け血液検査の結果が出て先生から『川崎病ですね』との事を告げられまし
た。ただただそのときは発病原因が現時点で未だに不明ということに言葉を失いまし
た。ただ先生がいうには自分の中にある毒素?が何らかの原因で暴走を起こし炎症を
起こすのではないかな?という事でした。翌日、早朝からエコー検査、心電図、レン
トゲンの検査を受けましたが異常は見られないですよ。それから2日経ち本日27日
の朝に体温を測ったところ熱が相変わらず高かった為、「このまま放置すると冠動脈
瘤が出来る恐れがあるので『ガンマグロブリン(血液製剤)というお薬に切り替えま
す」との説明がありました。とにかく目の前で苦しんでいる息子を見ていると早く何
とかしてほしい気持ちで一杯でした、昨日あたりからインターネットでいろいろ見て
いるとお薬に関する事や、副作用の事など様々な意見が見受けられました。でも、今
の自分には自分の手で息子を助けてやれる腕も知識も無い事を考えると息子の少しで
も早い回復を祈り先生や看護師さん達の力をお借りするほかないのでは思っていま
す。ただ、2人の子供が来月出産予定で息子の退院予定日と重なりそうでいろいろと
がんばらなければならない事が多くなりそうです。息子は現在も病室にて点滴を受け
ながらがんばっています。僕も、とにかく出来ることはがんばります。また、このH
Pを見ていろいろと皆さんからのお声等勉強になることが沢山ありました。ありがと
うございました。以後の経過についてなど、皆さんの立てるように報告させていただ
こうと思います。