出揃わない症状、順番なんて関係無い。診断されるまで3週間もかかりました。2004年9月28日


私の次男(10ヶ月)が川崎病を発病したのは今からちょうど1ヶ月前の
8月27日でした。
まず初めに手の指や、手のひらが赤く熱を持っていました。
いつもの小児科が、お休みだったのでA皮膚科へ。
何も言われずステロイドの塗り薬を出されました。
翌日から38度2の熱。いつもの小児科はまだ
お休みだったので中ぐらいの大きさの病院の小児科へ
行きました。そこでで血液検査をしましたが川崎病ではないとのこと。
それでも熱は下がらず、それから2日後いつもの小児科が開いていたので
見てもらうと川崎病の疑いがあるが症状が足りない。と言われました。
毎日来てくださいと言われ受診しましたが、疑いが残るといわれつづけ
ました。中ぐらいの病院でアレルギー検査の結果を聞きに行った所、
B皮膚科にまわされB皮膚科の先生がこれは川崎病の疑いがあるから
もう一度小児科へ行きなさいと言われ、ここではダメだと思い
大きい病院へ。ここにたどり着くまでにすでに2週間が経っていました。
川崎病になっていた可能性が高いといわれアスピリンが出されて
さらに1週間後に心エコーで川崎病と断定されました。
なぜこんなに時間がかかったのでしょう?

1、手が赤くなる。すでに少し皮もめくれている。
2、熱が4日間しか出なかった。
3、目が赤くならなかった。
4、舌よりものどの奥が赤かった。
5、BCGの後を見をとしていた。
6、リンパの腫れが分かりにくかった。
など、川崎病の判断基準には程遠いのです。順番も違います。
でも大きな病院の先生は出揃わないことがあると言いました。

今はアスピリンと心エコーの検査をしてます。
入院もせずに過ごしております。
入院するには遅すぎたと言うことです。
判断基準には疑問を感じます。
もしもを考えると、怒りさえ覚えます。
これから一生心配です。