今日、2歳2ヵ月の甥が「川崎病」と診断されました2004年7月22日


今日、2歳2ヵ月の甥が「川崎病」と診断されました。まだアスピリンと点滴のみの治
療で、心臓の検査後に投薬ということでした。
たまたま受診した病院が川崎病の世界的権威がおられる病院だったのですが、それだ
けに奥歯にものがはさまったような説明に
、なんだか不安でなりません。ドクターはどんな病気に対しても楽観的なもの言いは
しないものなでしょうが、最悪のケースなどの
説明もたびたびあり、傍で聞いていても甥の両親は黙るしかありませんでした。掲示
板では皆さまが心強いお話を書いていらっし
いますが、投薬までは具体的にどのように進行していったのか、どなたか教えていた
だけないでしょうか?診断されてから即、
投薬が行われるのでしょうか?それとも、もっと念入りな検査があったのでしょうか
?甥は私から見るとまだ全ての症状が表れて
いないような気がします。余談ですが、0481で書かれている「言葉の遅れ」は確
かにいつも心配だったことです。また、川崎病の
権威もおり、症例を一番多く観ているという病院ですが、確かに子供の数が多い地区
とはいえ、地域も関係しているような印象を
今日受けました。近辺にはダイオキシンを排出する煙突がありますが、何か関係があ
るのでしょうか?いろいろ考えるときりがあ
りませんが。