17歳になる息子の父親です2004年6月22日


17歳になる息子の父親です。はじめてこのホームページを見ました。

息子は小学2年生のときに川崎病にかかりました。高熱が続き小児科を

二箇所まわりましたが、風邪と診察されて抗生物質などを飲んでいましたが

ぜんぜん熱が下がらず、おかしいと思い総合病院にいき川崎病と判明しました。

もう少し遅ければ生命にも危険があったといわれました。原因不明の病気であり

現在も年に一度の検査を受けています。昨年は新しい検査方法でしていただき

ましたが、それが原因究明になるかは疑問があると担当医も言っておられました。

その検査では、血管の弾力性が60歳代の状態だといわれ、愕然としました。

しかし、これが川崎病と因果関係があるとは言えないそうです。

これからも、この難病と前向きに本人はもとより、家族みんなで戦っていくつもり
です。