3月18日、生後3ヶ月の娘が入院しました2004年3月23日


3月18日、生後3ヶ月の娘が入院しました。担当医から「川崎病の疑いがある」と言わ
れ、それまで聞いた事もなかった病名に戸惑いました。発熱、目の充血、体の発疹、
唇・舌の異常などが見られました。発熱・入院から3日目でしたがグロブリンの投与
を決断してお願いしました。その後、熱はみるみる下がり発疹も消え機嫌もよくな
り、心臓も今のところ異常はないとの診断ですが定期検診は欠かせないと思っていま
す。病院に向かう途中も最悪の事ばかりが頭によぎってしまいましたが病院につくと
妻の泣き顔、祖父母の心配そうな顔を見ると自然に「大丈夫だ、良くなる」という気
持ちになりました。やっぱり、父親はみんなと一緒になって不安な態度は見せられま
せんもんね!