はじめまして。2004年3月1日


六ヶ月の終わり、『川崎病』になりました。
私は、九ヶ月になる男の子をもつ母親です。

昨年12月18日に、発熱があり、近くの小児科へ行き、そのときは、風邪と診断されました。
あくる日の朝になり、耳の後ろ辺りから後頭部にかけて腫れているのがわかり、小児科へ連絡し、再度、診察を受けました。
『川崎病』の疑いがあると、総合病院への紹介状を手に、わけもわからず無我夢中で、車を走らせました。

診察を受け、そのまま、入院!
診断が早かったのもあり、日に日に、川崎病特有の症状が現れました。
ガンマグロブリンの投与、二度。
なかなか炎症反応がさがりませんでした。
手・足片方に、点滴をしました。
親として、見るに絶えられませんでした。

血液検査・心エコー・心電図の検査を繰り返し、入院自体、丸二ヶ月間。先生や看護士さん、同病室の方などに励まされ、たくさんの方の協力があって、先月2月19日にやっと退院しました。

しかし、血液中は数値の高いものがあり、まだ炎症反応が続いています。
再発の心配が心のどこかにあり、不安です。
この先、何が起こるかわかりません!!

親として、前向きに頑張るしかないので、こちらのホームページなど、いろんな情報を得て、今度もできる限りの努力はしていきたいです。

何かアドバイスがありましたら、是非お聞かせください!


--------------------------------------------------------------------

『川崎病』原因究明の為に、役に立つかどうかわかりませんが、わが子は、ツベルクリン反応をうった次の日に、発熱しました。