男女の双子を子供に持つ、母親です。2004年2月11日


男女の双子を子供に持つ、母親です。
2歳9ヶ月で息子の方が川崎病になりました。

2週間の入院予定が、10日での退院となりました。

最初は、湿疹とむくみでした。
頬と腕、太股に湿疹が出来ました。
痒みも少しありました。
熱は微熱程度。

木曜日に小児科に行きました。
小児科では最初、りんご病かも??と言われました。
りんご病の症状と似ていたらしい。

でも、むくみも引かないし、熱は37.7と38.3を行ったり来たり。
それで、翌々日に(土曜日)また小児科を受診しました。

その頃には、白目も充血して、舌も赤いぷつぷつが、、、。
私の中でも、これは違う病気だと思いました。

診断は、川崎病の疑いが強いとの事。
・リンパの腫れ
・イチゴ舌
・手足のむくみ
・発疹
・白目の充血
・熱
診断基準は満たしているモノの、熱が高いわけではない
川崎病だと、39度、40度くらいになるそうです。
血液検査をしても、炎症反応も低い。
それが、かかりつけ医を「症状は揃っているんだけども、、、。」と悩ませて(?)いました。

月曜日まで、様子を見ようと言う事になり、自宅へ。
それが日曜日の夕方、息子の熱が39度になりました。
その頃、かかりつけの小児科医が自宅に電話を入れてくれていて、そのことを伝えると、休日にも関わらず、見て下さるとのこと。
連れていったら、やっぱり、川崎病の可能性が強いから紹介状を書くと言われ、、。
日赤へ走りました。

日曜の夜に入院。
やはり川崎病の可能性が高いと言われました。
その診断は覆されることはなく、翌日の月曜日に、ガンマの投与となりました。
入院中もアスピリンは服用していました。
入院中に手足の皮も剥け始め、やっぱり川崎病だったんだと分かりました。

入院中の、心エコーと血液検査にも問題がありませんでした。
それでも、この先に何が起こるかは分かりません。
前を向いて頑張っていくしかないので、みなさんの力をお借りして
いろんな情報を得て、戦っていきたいと思います。