332の方へ2003年5月24日


332の方へ
 私の二男(1才10ヶ月)も、2003年1月、川崎病になりました。1月2日から熱がでて何度も病院へ行きましたが、症状がいっぺんに出そろらず、5日ほどで熱がさがってから首を痛がり、治ったと思ったら手の皮がむけだし、「何だろう?」と思っているうちに、発疹が出て、やっと「川崎病」と診断が付いたのが、1月17日 かかりつけの小児科で「念のため」行った血液検査でCRP 8.5 と高くそのまま総合病院へ。すでに冠動脈拡張があるとのことで、即入院、ガンマグロブリン投与となりました。親として「川崎病」ではないかと、早いうちに気づいてやれなかったこと、何度も病院には行っているにもかかわらず、診断がつかなかった事 悔しくてなりません。結果的に冠動脈の拡張は残り、退院後小児心臓の専門医による最終的なエコーの検査をするまで、自宅療養しました。

2月12日のエコーの結果は、やはり冠動脈拡張が残っているとのことで6月2日から大学病院に入院、心カテを受ける予定です。エコーの後保育園にも復帰、元気に通っています。薬の服用は続けていますが、朝、夕の1日2回にしてもらい、保育園では薬の服用はありません。保育園の先生方も暖かく普通に接してくれています。

私もフルタイム勤務していますが、薬を服用する以外は今まで通りの生活が送れています。来月の心カテの事を考え、5月1日から育児休業を頂き、今は休業中ですが、仕事は続けて行くつもりです。仕事を持つ母として、お互いに頑張りましょう。