NO.340 侑夏のその後・・・2003年5月20日


NO.340 侑夏のその後・・・。
5月10日、なんとかおかげさまで退院できました。
病中とは全く違う我が子の元気な姿。退院後2〜3日は家で安静にしてたんですが、入院中のうっぷんを爆発するように走り回る毎日です・・・。
1週間後の検診についても、エコー・心電図ともに異状は見受けられないとのことでした。
主治医が話すには、後遺症が発見される際、発病から退院1週間迄位になんらかの症状で後遺症が現れるとのこと。まぁ一安心といった感じですが、まだまだ気はぬけません。
1ヶ月後の検診が無事終えるまでは・・・。
病気の原因に関しては不明なので、ひたすら前向きに暮らしていくしかないんですが、ここ数週間「川崎病」に振り回され感じたことがあります。
県や市の病気(病気の子を持つ親)に対する思いやりのなさ!
実際「川崎病」で入院し、かかった費用は雑費も含めて ?00,000万円。
突発的な事故や病気に備えての保険については、各個人の問題です。
しかし、社会保険の高額医療負担金。知人やインターネットで皆さんの声を聞いて、問合わせてみてはじめて負担金が出ることをしりました。
では知らなければ・・・?他にも補助してくれる機関があるの?今回だけではなく、
他にも様々なケースで知らなかったら損?(損という言葉は適語ではないが)と思えるような制度があります。無知がいけないのか、知らせないのが悪いのか・・・。
今回は医療に関することなので、市の保険センターへ足を運んでみたら、『県の保険セターへ行って下さい』と言われ県の険センターへ行ってみると、なんらかの後遺症が出れば補助金が出るケースがあるが「川崎病」については補助金は出ない。社会保険で幾らか補助金が出るので社会保険事務所へ行ってみて下さいとのこと。たらい回しにされて腹を立ててるわけではないんですが、ふざけんな!と言いたい。
退院時に病院が教えてくれなくて不親切とか、各施設での対応が悪いと言ってるんではない。国や県・市が不親切。
大変なことかもしれないが、せっかく補助してくれるんなら、関係資料を患者に渡すよう病院や施設に指導しなさい!
しょ〜もないことに税金や労力を使うより、知らなくて困ってる人に知らせてあげるような施策を考えろ!と言いたい。
問合わせをするのに子供と一緒に行ってなければ、怒鳴り散らしていたと思います。
こんな私は間違っているでしょうか・・・?