はじめまして。もう少しで7ヶ月になる娘の父です。


 うちの妻は看護婦で育児休暇をとり、7/1から職場へ復帰する予定でした。
共働きですが、幸い託児所のある病院ですので当然預けることになります。
 ところが、6/29から熱が上がりだし通院。薬だけ頂き帰宅しましたが、
座薬がきれると、また熱が上がります。翌日、再度通院。熱が40度近くまで上がったので、様子を見て入院することになる旨の連絡が、仕事中の私に入りました。

 入院当初は、高熱と目の充血、それと首のうしろのはれが見られました。
風邪の疑いから抗生物質の点滴を受けていましたが、医師のほうから「川崎病の可能性もある。」といわれました。6項目の症状のうち3つということで川崎病の不完全型という説明でした。
しかし川崎病とは何なのか全然わからず、夫婦共々かなり不安になりました。
妻は小児看護のテキストで再度勉強し、また私はここのHPを見つけ内容を見て病気の内容を知り、不安な気持ちがずいぶん解消されたものです。

 入院3日目より、γ−グロブリンの投与をはじめました。すると、38度から40度あった熱も下がり機嫌もすごく良くなりました。
「薬が効いているのでは?」という医師の説明を聞き少し安心しました。

 入院6日目の今日(7/5)は、目の充血、首のうしろのはれもほぼなくすこぶる快調のようです。ただ、熱が下がりすぎて4度8部まで下がったこともありました。なぜでしょうか?医師もわからないようです。
 明日、血液検査の予定ですので、何かわかればと思います。

 それとひとついいたい事は、妻の勤務する病院の対応があまりにも冷たいことです。病院には小児科はありませんが、それにしても納得いきません!
今日病院へ電話したときのことです。
担当の婦長は、「ほんとに川崎病なのか?」と疑い、娘が高熱でうなされている状態なのに、「有給か欠勤かをなんで連絡入れないの!」と妻を叱ったそうです。(当然、入院することになり仕事に行けなくなったことは連絡しました。)まだまだ書きたいことがありますが、突然の病気発症ということで精神的にもかなりまいっているところに、それはないでしょ!って感じです。

 いろいろありましたが、現在のところ症状は落ち着いていますので安心ですがみなさんの情報を参考にして娘を見守っていこうと思います。
 どうかお力添え下さるよう、よろしくお願いします。