皆さんと思いは同じです。 2003年2月12日


うちには2歳と3歳の年子の姉妹が居ります。
丁度昨年の今日(2月12日)に、下の子が川崎病に罹りました。1歳2ヶ月の時です。
発病する3日前、私は1人で買い物に行き、主人が2人の子供を近くの公園に連れて行きました。
風の強い肌寒い日で、案の定2人は鼻水を出してしまいました。鼻水はそれほど酷いものではなかったのでそのまま様子を看ていたのですが、2日後(発病する前日)の入浴後、頬が少し赤く、小さな発疹がいくつか出来ているのを見つけました。
その時は、肌荒れかな?ぐらいにしか考えませんでした。
そしてその翌日(2月12日)、いつもは食欲旺盛な子供が、全然昼食を食べず・・。
おかしいと感じ、ふと見てみると足の裏が赤くはれ、膝下から足先にかけて発疹が出ていました。赤い部分がとても熱く、体温を測ると38度近くありました。
通いつけの病院では、症状が高熱と発疹しか出ていなかったこともあり「ウイルスによる風邪では?」と診断され3日後に受診するように言われました。
しかし夜間も高熱は続き、発疹と手足の浮腫は増強し続け、子供が異常に機嫌悪いので、これはただの風邪ではないと、違う病院に連れて行きました。
そこで初めて「川崎病の疑いあり」と言われ、翌日血液検査の結果と紹介状をもらい、翌々日(2月15日)に市民病院に入院する運びになりました。
早期診断、早期治療のおかげで、予定通り3週間(その病院では最低3週間の入院と決まっていました)の入院で、無事退院できました。
後遺症もなく、経過は良好。

1年たった今、定期的に検査を受けていますが、後遺症は出ておらず、何事もなかったように元気にしております。
1年前のことを、まるで昨日のことに覚えており、病気をするたびに「再発では?」
と心配してきましたが、娘の笑顔に励まされ、毎日頑張っています。

皆さんと思いは同じです。ともに病気と闘いましょう!!