私は現在29歳の女性です 2003年2月7日


はじめまして。私は現在29歳の女性です。三歳のときに川崎病になりました。
みなさんと同じく小学校の低学年の間はよく検診を受けました。でも本人はいたって元気なのでいつも皆と違う検診を受けさせられるのがなんだか不思議に思っていました。

後遺症はありませんでした。けど今思うと私の体には少し川崎病の後が、、、。
唇に前から黒い筋と模様が少しありましたが、25才過ぎてから色が濃くなってきてしかも増えてきました。また爪の甘皮が黒いんです。女性なのですごく嫌ですよ。
疲れているとさらに黒く見えくけれど、気のせいなのかしら?

また私はすごく体が疲れやすいと思っていましたが、川崎病と何か関係があるのかもしれませんね。
仕事をはじめてからだんだん疲れやすくなりましたよ。たまになんですが、普通に一日を終えて家に帰ると体がぜんぜん動かなくなってしまうんです。気持ちは動いていたいと思っても体がいうこときかないんですよね、、、。やはり不整脈や動悸はずっとありましたが、慣れてしまいました。

皆さんの声を読ませていてだいて、私思い出した事がありました。
三年前に亡くなってしまった私の大好きだった母親の事を、、、。
私が川崎病になったのをなぜか自分のせいにして私の心配ばかりしていた母。当時そのストレスからか、自分を追い込んで精神的に病んでしまいました。
よく私が休みの日に昼過ぎまで寝ていてふときずくと目の前に急に母の顔。
びっくりした私に「なんでもないよ」というけど、ちゃんと息をしているか確認しにきていたんだと思います。それだけいつも私の体のことを思っていてくれた母親でした。
川崎病の子をお持ちのお父様とお母様に一言。
子供は強い体を持っています。安心してください。そして定期的な検診をしてあげてください。