現在入院中の3歳6ヶ月の男児の親です。


現在入院中の3歳6ヶ月の男児の親です。
高熱が続きリンパの痛みを訴えて毎日のように病院に行っておりましたが、おたふく風邪ではないかといわれていました。座薬も抗生物質も一向に効く様子のない息子を見て不安の4日間を過ごし、5日目に川崎病特有の症状が出てきて、川崎病と診断されました。
医師から川崎病についての説明と、治療法を聞いたとき、ショックで頭の中が真っ白になってしまいました。
グロブリンの投与で一旦は解熱。その後再び熱が上がり、再びグロブリン投与。
その後は落ち着いております。週明けの検査結果次第で退院できるかも....と、いったところです。
今では、どこが悪いの???というくらい元気です。
病院に長くいるといろいろ余計なことも考えてしまいがちですが、前向きに頑張っていこうと思います。
川崎病の原因が解明されて、一刻も早く絶滅して欲しいと思います。