6歳の長男が11ヶ月の時に川崎病になりました


今6歳の長男が11ヶ月の時に川崎病になりました。救急でかかった大学病院では、一日様子を見ると返され、不安な一夜だった事を覚えています。医学書を調べ、「川崎病」かも・・・と。結局、次の日その病院が満床だったので、日赤医療センターに行く事に。川崎先生のいた病院だったので、結果的にはラッキーでした。その場で入院、約20日間で退院しました。それから4年後。おたふくにかかった息子の熱がようやく下がり始めた頃、指の皮がラクセツしているではありませんか!調べてもらうと、やはり川崎病を併発していたのです。4%以下と聞いていた再発。しかも4年も経って・・・「高熱が引き金になっているのかも」とも言われました。川崎病以外で高熱を出した事のない息子が、今現在39.5度の熱を出して寝ています。川崎病の親は、普通以上に敏感になりますよね。長くなって失礼しました。とにかく不安で・・・