息子が生後4ヶ月のときに発病しました。


息子が生後4ヶ月のときに発病しました。
金曜日の夜に微熱と腕に発疹。初めての発熱でしたが、それ程慌てる事も無くその日は就寝。
翌朝、熱が高くなっている事と発疹がひどくなっている事に驚き、かかり付けの小児科に飛んで行きました。
しかし診察の結果、風邪とアレルギーが同時に出ているだけだと言われ薬を処方されました。
主人も私も「病院へ行った。診察を受けた。」安心感でホッとしていました。
ところが昼過ぎになり、さらに熱が上がり40度を越し、発疹も体全体に広がり始め、目も真っ赤に。
朝診察を受けた病院は午後が休診の為、別の小児科併設の内科へと車を飛ばしました。
しかしここでも風邪とひどいアレルギーだと言われ、薬を処方されただけでした。
解熱剤を入れても、一瞬熱が下がるものの再び40度の熱。
心配しながらも病院で言われたことを信じるしかなく、不安のまま時間が過ぎていきました。

夜、体を拭こうと声を掛けた時、唇を紫にして震える息子を目の当たりにして愕然としました。
すぐに急患センターに連れて行き診察を受けました。息子の体を診察した医者や看護婦の「これはひどいね。」の言葉に自分を責めるしかありませんでした。専門病院への入院が即決まりました。
入院した病院は川崎病を専門にしている先生がいた為、入院時の診察の時にすでに川崎病である事を疑って治療をしていきましょうと説明がありました。不安と何も出来ない自分への苛立ちと、小さな細い腕に点滴を打たれ、辛そうにベッドに横になる息子の姿に涙が止まりませんでした。
担当の看護婦さんに「お母さんがしっかりしないと」と何度も励まされました。
入院後、川崎病の症状が全て出て、本格的な治療へ。発見が遅れることの多い川崎病を発病した日に見つけてもらい、早いうちからの治療のお陰で後遺症も残らず、3週間の入院で済みました。

現在、1歳5ヶ月になる息子は毎日元気に外を飛び回っています。検査も2歳の後は入園、入学時の節目検診だけで大丈夫だろうと言われています。
入院した際、開業医は川崎病を実際に見る機会が少なく、診察しても誤診するケースが少なくないと聞きました。
触れる機会が少ないからと、分らなかったでは済まされない命を預かる医療の現場。
私たちの場合も4件目でやっと信頼できる病院にたどり着けました。私たちに一番近い開業医には、今の状態に満足するのではなく、どんな病気にでも的確に対応できる病院であって欲しいと願うばかりです。

溝口