7歳のときに川崎病と診断されました


現在8歳になる息子は7歳のときに川崎病と診断されました。年齢が7歳ということで最初は溶連菌感染症の疑いでしたが入院して抗生物質を点滴してもよくならず、むしろ悪くなっていっているように見えました。
それからすこしして川崎病の疑いがあると言われ、その後すぐに病気の6つの条件がそろいました。1ヶ月入院しましたがその後はすごく元気で今はサッカーに水泳に毎日元気にとびまわっています。検診も2年に1度になりました。1日も早くこの病気の原因がはっきりわかる日がきて、この病気に苦しむ子供達がいなくなる事を心から願っています。