1才10ヶ月で次男が川崎病に・・・


1才10ヶ月で次男が川崎病に・・・
2002年3月15日ころから、下痢をしだしてかかりつけの医院に診察してもらい風邪だろうと診断され、風邪薬と、整腸剤をもらい様子を見ていたところ、日曜日の3月17日の夜突然39度の熱を出し、次の日再度診察。やはり風邪だろうと、抗生剤・座薬をもらい自宅で様子をみていたら、19・20日と水分も食事も取らなくなってしまい、このころから、目が結膜炎のように赤くなりだして、熱も下がらず、これは、何か違うと思い、再度、かかりつけに行ったところ、市立病院で、検査、水分補給の点滴をしていただいたほうがよいとの判断で、そのまま市立病院へいったところ、血液検査、レントゲン、尿検査と一通り検査が終わった時点で、川崎病の疑いがありますので、このまま入院してもらえますか?と先生から言われたときには、えっ!と声にならなくなぜうちの息子が・・・と疑いましたが、先生にお任せするしかなく、そのまま入院しました。
熱が出てから、4日目なので、あと1日下がらなければ、目も赤く、手足が赤くむくみ、腕や足に発疹も見られ、リンパ節もはれていて、血液検査で炎症反応の数値も高く、ただ、唇が赤くなく、舌がイチゴ状になってないだけで、川崎病特有の症状6項目のうち5項目あるので、次の日から免疫グロブリンの投与を行います。といわれ、ただただ、無事を願うことしか出来ませんでした。
やはり、熱が下がらず、次の日から免疫グロブリンの投与が始まりました。この日から5日間。2日くらいは夕方になると少し熱が出たましたが、その後、昼間も夜も平熱に下がり、食欲も出てきて、元気を取り戻して、一安心しました。このころから、手足の皮がむけだし、私も川崎病と確信し、この病気と長く付き合うこと、心に決めたのもこの頃です。9日間の入院でした。
退院前に行う心エコーの検査でも異常は無く、その後2週間ごとに心エコー検査をしていますが、ようやく1ヶ月が経とうとしていますが、今のところ異常は無く、普通に、長男とやんちゃ盛りな遊びをしています。
知識がちゃんと頭に入ってなく、突然のことで、私自身不安とビックリとしか言えず、まわりに(この掲示板)こんなにいると思うと、私だけじゃないんだと思えるようになりました。