生後半年で川崎病になりました。


うちの息子は、生後半年で川崎病になりました。その時は39度を超える熱と目の充血、赤紫に手が腫れてリンパの腫れと赤い唇でした。早い段階で医者が確定し、30日入院しました。でも退院が近くなると、皮がむけました。幸いにも、心臓には影響が無かったものの、当初は助かるかどうか不安だといわれていました。今彼は、今年6歳でもうすぐ小学校ですが、幼稚園にも1年間元気に通いました。でも年に一度、心臓の検査は受けてきました。川崎病に有効とされる薬も退院してしばらく飲んでいました。今でも、治ったのか心配になります。これは親の問題でしょうが早く原因の特定される日を夢見て................。