3才2ヶ月の息子です。


3才2ヶ月の息子です。
最初は風邪の症状だったため近くの小児科にかかりました。
のどが赤く、熱がでるかもしれないと言われ薬を貰って帰宅しました。
その翌日から発熱し、2日目には40度近く迄上がり、座薬を使って抑えていました。
3日目頃から座薬を使用しても目に見えた効果が期待できなくなり、左の頬の下が腫れてきました。
おたふくかと思い、日曜日だったため近くの大学病院に電話し、貰っていた風邪薬をそのまま服用しても良いものか相談しました。
そのまま飲ませてくださいと指示され、翌日近所の小児科に行くこととしました。
翌日病院に行ったところおたふくではないと言われ、リンパ節にウィルスまたは細菌が入ってしまった様だとのことでした。
すぐ入院した方がよいとのことで、その先生が常勤している大学病院を紹介されました。
おそらく、その時から先生は川崎病の可能性を考えていたようで、紹介先の病院でも最初から川崎病の可能性を説明され、それを意識して経過を見ることとなりました。
その時の症状として川崎病にある症状は高熱とリンパ節の腫れだけでした。
心電図、レントゲン、血液検査等を行っていくうちに目が充血しだし、血液検査の結果でほぼ川崎病と断定したようで、川崎病のための治療が始まりました。
今では熱も下がり、食欲もでてきており、少し落ち着いてきました。
まだまだ安心できる状況ではありませんが、何より当初から川崎病を意識して治療に当たって下さった先生が心強く、大変救われています。