7歳の次男が2週間前に発熱し、ずっと熱が下がりません。2013年12月7日





7歳の次男が2週間前に発熱し、グロブリンの1回目では熱が下がらず、追加投与。
37〜38度までしか熱が下がらないので、転院し、レミケードを投与。

投与後一日は熱が下がりましたが、また翌朝から発熱。それも、39.5度の高熱で、今朝になっても高熱が続いています。

今日で、発熱から丸2週間たちますが、熱が下がったのは一日だけで、ずっと下がらない状態です。

ほとんどのお子さんは、グロブリンが効きし、効かなくてもレミケードなどの次の治療で効いているのに、どうしてうちの息子だけ、何をやっても熱が下がらないんだろうと、息子がかわいそうでなりません。

今のところ、左冠動脈が3.6ミリに拡大ですが、今の熱が後に心臓に影響するとのことなので、どんな後遺症が残るのかと思うと、不安でなりません。

今日、先生に血漿交換をお願いしようかと思ってます。先生からも次は血漿交換というお話でした。

発病する前の息子は、運動が得意で、将来は水泳選手になりたいと言っていました。

動脈瘤ができて、運動制限になったらと思うと、つらくてたまりません。

このような経緯をたどられた方、血漿交換された方、どんなことでも構わないので、教えて下さい。

すみません、件名が違っていたので、再度送りました。