1歳8ヶ月の時に息子が川崎病と診断されました。2013年11月3日


2009年、1歳8ヶ月の時に息子が川崎病と診断されました。その後は順調に回復して元気に過ごしていますが、やはり何かにつけて心配は拭えずいます。初めて川崎病と診断された時、私は保育園で仕事をしていました。息子の入院でお休みを頂きたく、職場の園長に、川崎病と診断され2週間の入院が必要でとお願いしたのですが、園長に言われた言葉、それは「入院は前から分かってた事なの?」でした。私にとって高熱でうなされ、たくさんの管で繋がれている息子の姿を見ながら涙か出ました。悔しくて、心ない園長の言葉に、、。私も川崎病に対しては無知でしたが、お大事にの一言ももらえず、、、。それから私は小児のかかる病気に対して勉強し、親御さんの気持ちが分かる保育士になりたいと強く思いました。