息子が川崎病に。2012年1月11日


去年、12月に川崎病に。
息子が首が痛いと言ったので近所の病院に診察。
その時は、おたふくと診断されました。
次の日に熱が出て。病院に行きました。
解熱剤をもらって飲んでも症状は悪化。
次の日、全身に発疹が出て病院に。
その時、先生の口から、川崎病が疑わしいって言われ。
その時まで病名なんて知らなく。
大きい病院に紹介状を書いてもらい。
病院に行く間、川崎病を調べたら恐ろしい病気だと知り。
動揺をしました。信じられない。まさか息子がぁって。
緊急時間帯でも、常に小児科の先生がいる病院でした。
一人目の先生は、川崎病ではないって言われ。次の日にまた、来て下さいって言われ。
安心して次の日に行ったら、違う先生は、息子を見るなり川崎病で間違えないって診断されました。
目の充血、熱、全身の発疹、舌が赤い、手足が赤く腫れ上がり。
でも、ご飯も普通に食べれて元気でした。
先生も川崎病で、ここまで元気な子は、始めて見ましたって言っていました。
点滴、薬で治療して。5日で退院しました。
症状が軽いって先生に言われ。息子は、異例だって言われました。
親にしてみたら、症状が軽くても恐ろしい病気です。
もうすぐ、退院して始めての検査日です。
不安でいっぱいです。今の所、合併症もなく普段の生活を送っています。
毎日、息子の体調が元気かどうか心配しています。
一日一回、アスピリンを飲んでいます。
再発が本当に怖いです。再発したら、前より症状が悪いって聞いたので。
近所の病院の先生が川崎病ではとすぐに診断してくれて。早く原因が分かり、治療が出来たので感謝をしています。
そして、治療をしてくれた先生、看護師の皆さんに感謝です。