溶連菌きになりますね。1307で以前書き込みしたものです。2011年10月17日


娘は現在元気に生活しています。
昨年末に川崎病で入院した時は、溶連菌に羅患していました。
症状の特定も早く、ガンマグロブリン投与後はすぐ解熱し、1週間で退院。
退院後は歩き方がおかしくなり、血液検査、MRI, CT, 電流検査、髄液検査と色々検査、
しかし、特定できるものが少なく、瀬川病、ギランバレー症候群と疑いをもち検査。
それでも、特定にはいたりませんでした。

病後3ヶ月くらいはリハビリで歩行訓練など行いました。
ギランバレー症候群の治療じたい、ガンマグロブリンを投与し、リハビリ後に歩ける
ようになるとのことでしたので、運悪く溶連菌、川崎病、ギランバレーと同時期に発症したと考えれば数
値としてあらわれずに治癒したということもあるようです。

心臓への後遺症もなくもう少しで1年が来ようとしています。
高熱もあれ以来出ではいませんが、これからの季節が怖いです。