これからの事不安で不安でたまりません。2011年9月12日


初めまして。
1週間前に発熱で保育園から電話があり、内科を受診し、風邪のひきはじめといわれ、安静と座薬で様子をといわれました。
しかし
座薬も効かず、三日ご別の内科を受診したら風邪薬と抗生物質を処方されました。
今一不信な為翌日耳鼻科にいきよう連菌と言われ違う薬を処方さるました。薬と座薬をしてましたがまったく首がまわらなくなって、寝起きもしんどそうだったのたので、日曜日に救急て総合病院にいき、川崎病の疑いを指摘されました。
症状として38℃前後が5日続き、目が充血、首リンパ節の腫脹、口の中が赤くぶつぶつ。
よう連菌も陽性がでてたため症状もにたりよったりと先生にいわれました。
入院二日目でガンマブログリンの投与を早くしないといけないといわれ朝から血液検査やらチューブに繋がれてる我が子をみると先週まであんな元気でやんちゃだったのをおもいだし泣けてしまいます。
後遺症のことやこれからの事不安で不安でたまりません。