我が家の長男が、川崎病になったのは生後3ヶ月の頃でした。


我が家の長男が、川崎病になったのは生後3ヶ月の頃でした。
市民病院で風邪と診断されて、入院。
抗生剤の点滴を7日間続けましたが、40度の熱が下がらず、解熱剤で一時的には下がるものの、上がるとき小さな体が小刻みに震える姿を見ていると、涙が頬をつたっていました。
発病10日目で、川崎病と診断され治療が始まって本当に安心しました。
診断がつくまでは、入院時の主治医から小児癌かもしれないので、命は分からないと言われていました。
冠動脈瘤が3個残りましたが、7歳の時の心カテで消滅の確認ができました。
今はとても元気で、そんな事本当にあったの?という感じです。
子供の生命力は凄いとおもいました。