たくさんの親の声を読ませていただきました


たくさんの親の声を読ませていただきました。とても共感できることが多く、私の娘のことも参考にしてほしいと思っています。
3歳5ヶ月の娘は、去年の6月(2歳7ヶ月〕の時に川崎病になりました。前日まではとても元気だったのに、翌日には38度以上の熱が。食欲もなく、とてもだるそうでした。そして、翌朝には牛乳を飲んで吐いてしまったので、近くの小児科へ。しかし、ウィルス性の風邪か、ヘントウ炎ではといわれました。次の日も熱は下がらず、40度近くに。同じ小児科へ行くと、赤い発疹が体に出ていたので、市民病院を紹介してくれました。
そして、即入院。二日間にわたってガンマグロブリンを大量投与し、〔血液の炎症がひどかったらしいので)18日間の入院生活を終えました。本当に指先の皮がむけてくるんですね。
入院中はいたって元気。退院後もアスピリンの服用と検査が続きましたが、今度は、半年後の検査になり、ホッとしています。後遺症がなかったので、とりあえずは 普通の生活を送っています。検査の日って、とてもドキドキしますよね。
私のいとこが子供の頃、やはり川崎病になったそうです。現在
24歳になりますが、いたって元気。励みになります。