今度カテーテル検査をすることになりました。2008年10月14日


3歳10ヶ月になった次男ですが、今年の8月に私の実家に帰省中、川崎病になりました。
熱が出たときは、中耳炎や溶連菌などを疑って耳鼻科に行って抗生剤を飲ませていたのですが、ま
すます症状は重くなり、発熱4日目に首のリンパの腫れや手足の腫れ発疹など症状6つが全て揃った
段階で総合病院の小児科に診てもらったので、すぐに川崎病と診断されて、γグロブリンとアスピ
リンの治療を始めました。
幸い薬がよく効いてみるみるまによくなり、炎症反応もおさまって6日で退院できました。退院して
すぐに飛行機で自宅に戻って小児循環器のある大きな病院で心エコーなどの検診を続けることにな
りました。
急性期の病状はすぐによくなったし、診断も治療も最速だろうと思ったのですが、冠動脈に5ミリの
拡張と狭窄の疑わしい部分があるため、来月カテーテル検査をすることになりそうです。

私は川崎病ときいても、心臓に後遺症ときいても、結構呑気だったのですが、次男が大好きだった
スイミングも当分禁止されてしまったし、例え急に命に関わる変化がないにしても、運動制限はど
れほど続くのだろうかと考えるとさすがに落ち込んでしまいました。このサイトの情報を見ても、
親御さんがずーっとお子さんの体調を心配し続けている様子が伝わってきて正直言って、辛いで
す。
カテーテル検査もまずあり得ないと思っても、事故など心配ですし、全身麻酔にも不安がありま
す。でも、発症してまもない今だからこそ、正確に冠動脈の状態を把握しないとならないとも思う
ので、小さい息子もがんばって欲しいと思ってます。

いつかは予防方法も解明されるのでしょうか。そうあって欲しいです。