親の会の情報が頼りです。2008年5月7日


浅井さんはじめ、事務局の皆さん。本当にいつも有難う御座います。
何にも、お手伝い出来ず、唯、唯、お世話になるばかりで恐縮するばかりです。
息子が3歳半で発症して、今34歳。メタボが心配なこの頃です。
従妹の子供が我が家より2年位前に川崎病になったので名前だけは、知っていました。

新聞でも、判らない子供の病気として、たまに取り上げられていました。
発病した時は、なぜ、なぜ、だけでした。
1週間高熱が続き、入院しても1週間は、熱が続きました。3人入院していたのですが、3人とも
薬が違うし、先生は唯、安静にしている様にと、言われるばかりで、頭の中に突然死だけが残りました。
逆に言えば今程、情報が無かったので、呑気な処も、有ったかも知れません。
退院してからは薬もなく、定期的に検査はしていましたが、
新聞で浅井さん達が親の会を立ち上げて下さった、記事を見て入会させて頂いてから、初めて知った事が
一杯ありました。本当は、あったのでしょうが、時間の経過で後遺症も無く、小学校から高校まで
陸上で長距離を走り、無事に就職して、結婚もでき、健康管理をお嫁さんにバトンタッチして、親としては、
肩の荷を降ろしています。
これからは又、違った心配も出てくるのでしょうが、やはり親の会の情報が頼りです。

これからも、宜しくお願いします。
守山詔子